オヂサン機材-其の一

ヲタヲタしている時間もありませぬ。
わたくし、モジュラーおじさん一心同体とも言える、Doepfer A100モジュラーシステム。
もちろん、御紹介するのもDoepfer A100モジュラーシステム、、、なんてヤボな事はしません。個別モジュール単品で攻めていく所存。

A-127 VC Triple Resonance Filter
http://www.doepfer.de/a127.htm
Doepfer A-127

Triple Voltage Controlled Resonance Filterという、一言で言えば「オマエ、名前が長いぞ、コラ!」、というモジュール。
こヤツ、自己発振可能なバンドパスフィルターを3基装備しておる。それぞれにCV入力がありフリケンシーをモジュれる。また、個々にLFOまで装備してあるので、そのLFOを使うだけで3基のバンドパスが自分勝手な事を始める始末。
Audio入出力は1Inに対して、3基のバンドパスフィルター個別Outに、3基のMix Outも装備されておる。

機能的には、こん感じだ。

なんだ、3基のフィルターが組み込んであるだけなのか。
そう、一般的なシンセサイザーの感覚から見れば、それほど珍しい機能じゃない。

しかし、忘れてはならない。
よろしいかな? こヤツ、モジュラーの一部なのだ。
そう、一般的なシンセサイザーの信号の流れなどに捕われていてはイケナイのだ。

単純にAudio突っ込んで、フィルター掛けましたぁ。
なんて使い方では、全く持って話にならない。

わたくし、最近のお気に入りな使い方を、お教えしよう。
こヤツの、自己発振だけを使うのだ。
Audioソースなどいらぬ。

LF0を絞り、CVツマミは全開にして、3基のバンドパスフィルターを自己発振させる。
個々のCVinに、例えばステップシーケンサーやサンプル&ホールドのCV出力を突っ込む。
3基のフリケンシーを微妙に変化させる。

するとどうだろう。
3基の自己発振音の音色が違うものになり、更にCV入力でモジュる事によって、リズミカルな音へと変貌するだろう。

自己発振とモジュレーションだけで、ポリリズム的であったりミニマル的であるようなフレーズが飛び出して来るのである。

ちなみに、こヤツ。
裏技として、基板上でちょっかい掛けると、ローパスフィルターにも変化する。