biography

unyo303 うにょさんまるさん

本当の名前:やすなみみすぎ
病院で看護士に名前を呼ばれ「はい」と返事をすると、カルテと私の顔を何度も見直される事が多い、うにょでございます。
ちょっと、カルテの「女」にチェック入れたの、誰よ?

1996年、富士山の麓で踊ってみたら、軽く人生を踏み外す。
2000年、溜まりに溜まっていた年貢を一括払いしてしまい、多いに人生が明後日の方向に向く。
2002年、血迷って発振器なる物体を2基も購入してしまうが、単体ではどうする事も出来ず、発振器を眺める日々が続く。
この謎の発振器を解明する為に、長い電圧修行に入る。
2007年、5年の電圧修行を経て、松武秀樹氏と向谷実氏の御前で電圧演奏を披露するも、向谷氏に完全スルーされる。

2008年以降、電圧技師となり、電圧浴の日々を送る。
2012年、Envelopeと腰痛が切っ掛けで、Envelope77が誕生する。

電圧浴に使用するのは、どドイツ製Doepfer社のA100モジュラーシステム。
このA100という適当なネーミングとは裏腹に、今やコンパクトな電圧浴制御装置のスタンダードとなり、通称「EUROラック」という仕様で呼ばれる事になった、現在進行形で開発が世界で進められている、電圧浴制御装置群である。

個々の制御装置は単独ながら、それら複数を自由に組み合わせケーブルで接続し、その電圧量を変化させる事で、黒ひげ危機一髪ゲームを楽しむ事が出来る。
突然信号が途絶え、突然ヒューズが飛ぶという、そのスリルは他に類を見ない危険度である。
そんな、黒ひげに魅了されてしまったのが、わたくし、うにょなのであります。

http://www.unyo303.com/
http://twitter.com/unyo303

 

zonbi ゾンビ

本当の名前:にしださや
しかし、もうすっかりゾンビという名前のほうが定着しており、その定着の度合といえば親にまで「ウチのゾンビがお世話になっていおります」と言わしめるほど。

愛機はYAMAHA TG77。SY77を89年に月賦で衝動買いし、当時流行りの綺羅びやかなEPの音なんぞには目もくれずノイズ発生機としてのFM音源のポテンシャルを見出す。
90年代晩年にSY77が故障してからというものの、極貧に喘ぎながら時が過ぎ、しかし2012年にTG77と運命の出会いを果たした後は頬ずりしながら夜を共にする仲に。「彼氏はいらんから液晶の明るいTG77をくれ」が寝言である。

過去にはギターもかなり弾けたらしいが、年間で5分も弾かない暮らしを続けた結果、いまや弾き方を忘れてしまい、遠い目をしている。

好物はラーメンとカレーと551豚まん。
趣味はラーメン食べ歩き。(編集部注:ラーメンの食べ過ぎで図体がデカくなったという都市伝説を残しているらしい)

一応、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コースや甲南女子大学文学部メディア表現学科で音楽を教えている講師でもある。
京都精華大学では新入生への初回授業でノイズ即興をぶっ放すことでも恐れられていた。
また甲南女子大で人類史上初めてREON DriftBox-Sを演奏した人間でもある。

http://office-saya.com
http://twitter.com/zonbi

この続きはあとで書きまする。